探偵事務所、興信所の仕事《浮気調査》などの調査業務

探偵

tantei

或る業種について、フィクションの世界で初めに触れられることが多く、それゆえに現実の仕事内容などがあまり知られないものがある。
たとえば、推理小説やサスペンス映画によってその存在を知られる「探偵」などは、その好例であると言える。

イギリスのアーサー・コナン・ドイルや、日本の江戸川乱歩などの小説家が創出した探偵たちは、難事件を天才的な頭脳で解決する超人である。
あるいは、1930年代から40年代にかけてハリウッドで確立されたハードボイルド映画に登場する彼らも、ヒーローとして描かれる。
フィクションの世界におけるヒロイックな面が強調される業種であるが、特に現代日本でその業種を見ると、実態との違いを見ることが出来る。

彼らが今の時代に仕事としているのは、後に詳述するが、調査業務が主となる。特に、民事的な事件に関する調査を行うのが代表的な仕事であると言える。
日本の警察には、「民事不介入」という原則がある。警察が、民間で起きたトラブルに関わってくるのは、そのトラブルが刑事事件に発展した場合のみということが決まっているのである。
それと対照的に、民事事件の解決のために仕事を行うのが探偵なのである。

探偵業法

探偵事務所や興信所と呼ばれる業種は、現在では探偵業法という法律の拘束下に存在するものである。
この法律によって、特に事務所を新規開業する際には届け出を行う必要性が生まれているのである。2007年にこの法律が施行される以前は、特に届け出なく開業し、広告して就業することが可能であった。
このことは、逆に考えると誰もがこの業種に就くことが出来、開業することが出来たということである。優良な事務所が存在する反面、悪徳業者と呼ばれるものも多かったという事実がある。
このことから、法律が施行される以前には、それほど社会的に広く認知された業種ではなかったのである。

法律の施行による状況の改善は、たとえば欧米の状況を考えてみるとわかりやすい。特に、アメリカでは「プライベート・ディテクティブ」や「プライベート・アイ」の名で、許認可制の仕事であることが知られている。
ニュアンスとして、民事専門の準警察といった趣を持っており、銃の携帯も認められている業種なのである。そういったことから、欧米におけるこの業種は、社会的に高い信頼性を得ているものである。

日本で2007年に施行された法律では、新規開業に際しては開業する者の個人情報を登録し、営業許可を取得しなければならない。
法人である場合には、一般の会社の起業と同じように定款謄本が必要であり、法務局への登記が不可欠である。
このように整備されたことで、施行以前の玉石混交の状況は改善されているのである。

調査会社

jyouhou

法律に従って開業する探偵事務所や興信所の業務は、調査会社としてのそれである。
その調査会社では、民事に関するさまざまな調査業務が行われている。民間トラブルを、民間レベルで解決するために、そのような調査業務が存在するのである。
それには、浮気調査や人の素行調査などが挙げられる。たとえば、配偶者やパートナーの不貞行為を疑った場合に、探偵事務所に浮気調査の依頼を出すのである。

調査内容としては、浮気調査を例に取れば、離婚裁判に話が発展した際に裁判所が「証拠」として認めるレベルのものを突き止める。


おすすめリンク

探偵を埼玉でお探しならきめ細かいサービスで人気のこちらで|総合探偵社シールズ
大阪で浮気調査を依頼するならここで!|ガルエージェンシー
調査のプロ!探偵なら横浜のこちらにお任せください。【調べ屋本舗】
探偵なら東京のこちらがオススメです。証拠を掴んでもらいましょう!!|工藤探偵事務所

ニュース

2014/02/25
浮気調査を更新しました
2014/02/25
興信所を更新しました